Press Release Archives

2017/09/11

発達障害支援アドバイザー協会配信アプリ「発達障害チェッカー」提供開始

株式会社グローディング(本社:佐賀県佐賀市、取締役社長:武藤樹一郎)が開発に携わった、一般社団法人発達障害支援アドバイザー協会(本社:福岡県福岡市、代表取締役:白石浩一 )配信アプリ第1弾、「発達障害チェッカー」が、2017年9月11日よりiOSとAndroid向けに提供を開始いたしました。


「発達障害チェッカー」は一般社団法人発達障害支援アドバイザー協会が監修する発達障害の特性があるかを自分で簡易チェックできるアプリです。
発達障害といっても様々な種類・症状がありますが、本アプリでは特に自閉症スペクトラムに焦点をあて、症状をお持ちの方を支援する際にヒントとなるビデオも用意しています。
発達障害についての研修を全国で開催する認定講師リストも順次掲載しています。

◆このアプリの特徴
• 社会性、コミュニケーション能力、想像力、感覚のカテゴリに分けられた行動チェックシートに回答することで、発達障害の特性があるかを簡易チェックできます。
• 発達障害について学んだ認定講師リストも掲載しています。
• 発達障害をお持ちの方を支援する際のヒントとなるビデオを視聴できます(有料)。

「発達障害チェッカー」は発達障害についての気づき、理解、適切なサポートを支援するアプリです。

<一般社団法人発達障害支援アドバイザー協会 概要>
発達障害者や家族、その支援者、学校や職場等に対し、発達障害の理解を深め、知識や技術を伝えるために啓発活動を行う。また、発達障害者を支援する認定講師の育成の他、シンポジウムや研修等を実施中。